Nikkei 225 Futures Trade 2018

The Big Short Japan

2018年3月 第3週 結果

ひとつ前が予測記事になってますんで、未読の方は確認しておいてくださいね。

 

 価格推移は概ね予想通り。火曜夜が最高値、金曜が最安値。にもかかわらず、予定通りには動けないもんだな。今週もプラスだったし、なんか今のところは毎週10万ずつくらい勝ってるので、そんだけ勝てるんならアンタ昼間働かなくてもいいんじゃないの?なんて思われる方もいるかもしれませんが。

 

 断続的ではありますが先物取引8年目で実のところ、3年目くらいから割とこんなもんです。勝率8割5分くらいだと思う。これでも生活できるレベルにはほど遠い。例えばですよ。一回あたり5~6万くらい勝って7連勝すれば+40万とかなる。調子に乗って、でも次に負ける。しかも一回で50万とか負ける。すると戦績は7勝1敗、でもマイナス10万っていうね。年に2回くらい50~100万以上の大負けを食らってた。それを仕方なくチビチビ取り返していく、みたいなパターンにハマってしまう。なんとかプラスに転じたと思ったらまた大負け、の繰り返し。

 なかなかウマい話はないもんだ。上手くいかないもんだ。

 

では当週の反省。

f:id:fnoithunder:20180317005940g:plain

 

 4-1~7では月夜に32玉、火夜に15玉。リアルタイムチャート眺めてると視野狭窄になるな。月夜に、なんかもう今がピークじゃないか、もう下がる一方じゃないか、って気がして矢継ぎ早に売り建ててしまった。建ててもいいけど予定と違うし無理は禁物、月はせいぜい20玉くらいで止められるようにならんと、あとで身動きとれなくなる。実際に火夜が最高値だったんだから、予定通りだったんだよ。

 上値余地は少ないと見て一千万以上も売り建てる。予定通りとは言え落ち着かん。精神衛生上はよくない。決済は「逆指値トレール注文」で、寝てる間に自動決済されてた。まずまずの結果。

 

 水木は日銀介入あって思いのほか下がらなかった。おかげで今の価格が高いのか安いのか分からなくなった。(あとから思えば)5-1,2はわりと適切な価格で張ってたんだけど、チャート見てたら分からなくなった。あーもうダメだもうヤメだ、と思って短時間で精算してしまう。精算したら、いやまだ始めたばかりじゃないか、ここで止めてはイカン、などと思い直してまた建てる。やっぱ次の日も価格が気になってしょっちゅうチラ見しにいってしまう。気疲れしてイヤになってしまった。ヤメだヤメ!今週はもう止めだ!と、前場で全て精算、手仕舞いにする。

 と言うわけで5は、微妙にプラスではありますが、やっぱやめた、って感じなので勝敗は「なし」とします。4で一千万以上貼ったのと、やたらにリアルタイムチャートを眺めていたので、とにかく気疲れした。チャートの見過ぎによる視野狭窄と日銀介入もあって適正価格が分からなくなり、木金はもう精神的にダメだった。

 

昼間は普通に仕事してるんだし、夜は普通に寝なきゃダメだし。

やることは他にも色々とあるんだし、もっと気楽にできるようにならんと。

 

※ 当週の成績:1勝 +93,390

 次週持ち越し:なし